結婚式にかかる予算と平均費用

結婚式にかかる費用相場や内訳

マイナビウェディングの調査によると、先輩カップルが結婚式に掛けた費用の総額は「200~250万円」がトップ。次いで250~300 万円、150~200万円となっています。
※参照元:マイナビウェディング(https://wedding.mynavi.jp/contents/special_contents/okane01/)

結婚式の費用は招待するゲストの人数や式の内容、お料理やオプションなどこだわるポイントによって大きく異なります。費用は大きく分けて「挙式」「衣装」「披露宴」とかかりますが、最も費用がかかるのが披露宴。お料理や演出、引き出物や会場使用料などゲストの人数に比例して費用が高額になります。

賢い費用で満足度の高い結婚式を挙げるためには、会場や演出、ドレスやお料理などからこだわりポイントを選んで費用をかけるのがおすすめ。メリハリをつけた費用のかけ方をすることで、自分たちらしいウェディングが叶うでしょう。

結婚式で費用のかかる項⽬

挙式

披露宴

衣装・写真など

・新郎新婦衣装 着付け 写真 控え室 ・招待状 ・ヘアメイクリハーサル ・ビデオ撮影

結婚式の自己負担額

結婚式にかけた費用の総額では200~250万円程度のカップルが多いと紹介しましたが、すべての費用を自分たちで負担するわけではありません。
一般的に、ゲストを招待する結婚式ではご祝儀を頂きます。ゲスト一人あたり3万円ほどのご祝儀を想定した場合、50名で150万円。ゲストの人数にもよりますが、費用の大半をご祝儀で賄うケースも多いのです。また、親からの援助などがあればそれも充てられるでしょう。そのため、結婚式にかかる費用=自己負担額と考えず、ご祝儀や援助金などを引いた費用を負担すると想定しましょう。

結婚式の料金を支払うタイミング

結婚式の料金を支払うタイミングは、会場によって異なります。ただ、多くの会場では「契約時」と「式の内容決定時」の2回に分けて支払うなど、料金を「先払い」としていることが多いようです。そのため、ご祝儀をあてにして予算を組んでいる場合は注意が必要。
近年では「当日払い」や「後日払い」に対応している会場も増えてきているため、費用に不安のあるカップルにもおすすめです。

後払いについて

結婚式の料金を後払いにしてくれる会場は増えており、「後払い」できる会場を選ぶことで費用の不安は軽減されます。
たとえば後払いならご祝儀を含んでの支払いができるため、費用の貯蓄に不安のあるカップルでも安心。また、挙式前にドレスやカメラマン、アイテムなど別の支払いがあっても貯蓄をそちらにまわせます。
また、式後の当日払いの場合、精算する時間を考慮しておくことが大切。すぐに二次会などがあり、支払いに時間が取れない…と慌てないようにしましょう。

後払いに対応している対応している高崎の結婚式場

ヴィラ・デ・マリアージュ高崎

南フランスを思わせる会場が人気のヴィラ・デ・マリアージュ高崎。会場の雰囲気はもちろん、ホスピタリティ溢れるサービスとおいしいお料理にも定評あり。おもてなしのひとつひとつを大切にしたいカップルにおすすめです。
費用はご祝儀精算後の後払いにも対応可能。

ザ・ジョージアンハウス1997

ヨーロピアンスタイルのウェディングを叶えるザ・ジョージアンハウス1997。オリジナルウェディングをプロデュースしており、手作りアイテムや持ち込みも歓迎しています。
料金の後払いにも対応しており、挙式前に支払うのは本予約時の預かり金8万円のみ。残額は式が終わってから1週間以内に振り込めばいいため、ご祝儀を清算する時間にも余裕があります。

TAKASAKI MONOLITH

「水・光・緑」が美しい邸宅や庭園で、自然と調和したウェディングが叶うTAKASAKI MONOLITH。費用の一部後払いにも対応しており、本予約時には10万円を支払います。

マリエール高崎

100年の祈りが込められたステンドグラスが美しい「セントマリーチャーチ高崎」での挙式が人気。パーティ会場は3つあり、ゲストの人数に合わせて選べます。後払いにも対応可能ですが、詳細はお問い合わせください。

高崎市の美しい結婚式場3選高崎市の美しい結婚式場3選